奇妙な日記

神さま専用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振り返ればサツがいた

「振り返ればサツがいた」

某ドラマっぽいです。

振り返ればサツがいた

そんな経験はあるでしょうか?

私はというと、ないです。おそらく、普通の人ならないでしょう。では、普通でない人ならあるのでしょうか?そもそも普通とは何か?

普通…普通(ふつう)とは、特筆すべき属性を持たない状態の事。「特別」と対比される概念である。(Wikipediaより)

↑が普通らしい…

となると、普通でない人とは何か特筆すべき属性を持っている人ということか…

特筆すべき…

私には特筆すべきモノはないです。
一般人っぽいです。
その辺に転がっている石ころと変わりません。(ー_ー )変わりません

ぷち自虐っぽいのがポイントです。

さて、普通でない人
私のまわりにはいっぱいいるような気がします。
彼らの特筆すべき属性…
変人なとこ(・∀・;)
うーん、変人がおそらく一番合うのかな?

これは実際にあったことなのですが

ある日の深夜、友人Aとコンビニに行こうという話になりました。友人Aとは小学校の頃からの仲ですが、彼はちょくちょく裏切るので信用できません。しかし、彼は天然です。すごくおもしろいところがときどきあります。例えば、素で「青って渡っていいんやんね?」とか言うことがあったり…
そんな素敵な友人Aといつもの様にコンビニに行く途中何か気配がしたので後ろを振り返りました。

何か気配がした
そう、みんな経験があるかもしれません。中学校の頃、私は友人Bを後ろから定規で叩こうとそっと近づいたことがありました。彼は、勉強に集中しており、そのときの集中力は半端ではなかった記憶があります。

そして、私は完璧に気配を殺しました。あのときの私は空気です。そう、当たり前の様にあるものですから皆当然のものとして気にも留めることのないあの空気です。

私が友人Bを叩こうとして腕を振り下ろす瞬間
友人Bはいきなり振り返りました。
そして、一言「殺意を感じた」といいました。

それを聞いた私「殺意を感じるとかありえないし」と思っていたのですが。

数年のときを経て
友人Aと深夜にコンビニに行く途中(自宅の近くの少年団が使うサッカー場の近く)にその殺意を感じました。当然ですが、そのとき私は↑の事を思い出すという漫画みたいな事はなかったです。


振り返ると、そこには街灯に照らされた身体中に包帯を巻いた男が立っていました。手には銀色に光るナイフを持っていました。それを見た瞬間、私は友人Aを置いて走って逃げました。(・∀・;)
なんていうか、自分の身が一番大切だと思ったからです。

20M程走った後、後ろから待って~と聞こえたので後ろを振り返ると
包帯の男と友人Aが一緒に立っていたので
私はやっと嵌められたのだと気づきました。

包帯の男は友人Bであり、手に持っていたのは定規と本人は言っています。しかし、あの様な状況では定規がナイフにみえるというのはしょうがないと思います。
いつもなら私は嵌められたときはかなり怒るのですが(自分で嵌めるのがおっけー)、そのときは安心しすぎて怒りなんてなかったです。

それにしても、なぜ私はいつも後ろを振り返らないのにあのときに限って振り返ったのでしょうか?
そう考えたときに、↑の友人Bを定規で叩こうとしたときのエピソードを思いだしました。

おそらく、とてつもなく強い思いは他の人も感じることができるってことかな?

ちなみに友人Bは私が来るまでずっと公園のとこに潜んでいたわけですが
私が来るまでの間に人が近くを通り、そのときに友人Bを見た後足早に去っていくのを見て
心に響くものがあったとかなかったとか…

さて、警察の話とは大分かけ離れるに至ったわけですが



同じ様な経験あるひと(・∀・)カモーン

以上
スポンサーサイト

テーマ:( ゜Д゜)・・・ - ジャンル:日記

  1. 2007/11/18(日) 01:49:51|
  2. 蛙が梟をミルトキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミニブログ

piyo125-125.jpg

FC2ミニブログPIYO

 

ミニブログPIYOは一言だけの短い日記を書くことが出来るサービスです。

今の一瞬一瞬を記録したい方、ブログは面倒で維持できない、更新する

時間が無いと言う方。そんな方の為に、気軽に利用できて、さらに他の

ユーザーとも交流ができるミニブログPIYOをお勧めします。



なんか↑のが新しくできたっぽい。
どんなのかっていうと、何か思いついた一言二言書くだけ。
だから超お手軽だねぇ…
通常ブログっていうと写真を使ったり、たくさんの文章を書かなくちゃいけないって感じがするけど(私の場合だとブログでも一言とか…)
ミニブログだと、ちょっとしたことを気の向くままに書くことが前提だからそんなに力いれていっぱい書く必要がないかな。気合入れて書こうと思ったらブログに、ちょっとしかやる気ない場合はミニブログにって感じで使うと良いと思う。

他に、携帯のメアドを登録しとくと携帯から書き込むことができる。
どうやるかというと、ログイン→設定→モピの設定でメアドを登録→携帯に来たメールにアドレスが載ってるから、そのアドレスをあて先にして書きたい内容を送信→完了
(・∀・)b
最初設定するのがちょこっとめんどいけど、一度設定すれば普通にメール送るだけ。

後、書き込んだ内容にはコメントが付くことがあるし、他の書き込みに対してもコメントができる。絵文字も使えるとかなんとか…

感想!
本当にそのときふと思ったどうでも良いことを文字にするのは中々楽しい(ー_ー )
携帯からメール送るだけってのがいいね。
よく大学の帰りにかなりどうでもいいことを考えたりするから(二日酔いの人に二日酔いが治る薬を飲ませた場合に傷害罪を成立させるための法律構成とか…ゼミですこし話し合った…)
それが形に残るのが楽しい。(゜∇ ゜)ブヒャヒャヒャヒャ


以上!

一応URL書いとく

http://piyo.fc2.com/

  1. 2007/11/15(木) 18:13:53|
  2. 怠惰な日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クチコミ広告

なんかクチコミ広告っていうのがFC2のblogで追加されたっぽい。
(´Д`)

まあ、アフィリエイトなんだけどすこし変わってる。

記事を書いて、審査を通ればポイントがもらえて

そのポイントをお金に還元できるってシステムかな。

暇つぶしにやってみるか…
(・∀・)
  1. 2007/11/15(木) 12:34:03|
  2. 戯言ぱらだいす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デモナータ

デモナータ4幕~Bec(ベック)~を読んだ。話の始まりは↓

ある日の夕方、サラリーマンの石川卓僕(せきかわたくぼく~29歳~)が仕事帰りで自宅近くの公園を通りがかったとき、公園のブランコに頭がパンダで頭から下が熊の動物が立っていた。

気になった石川は「千の風邪をひいて」を歌いながら風の様にその動物に近づくと、動物は石川のことを見て「お前が石川か?」と言った。

それを聞いた石川は、今日のご飯は苺ラーメンがいいなぁと思った。そして、ご飯に苺牛乳をかけることを固く決意した。
石川がブランコの方を見ると動物は消えていた。









という始まり方を

したらいいなぁと読んでて思った。
  1. 2007/11/14(水) 22:11:18|
  2. 蛙が梟をミルトキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイオハザード3

バイオ3観た。

(・∀・;)

あれバイオ?

みたいな感じだった…

まあまあなのか?

(ー_ー )うーん

なんかある意味すごかった。

最初の方はいいんだけど、途中からぶっとんでるね!
(*°ρ°) みてみるべし。
  1. 2007/11/04(日) 00:05:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー(月別)

10 ≪│2007/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

まるお

Author:まるお
昔、縦の成長期があった。
今、横の成長期である。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。