奇妙な日記

神さま専用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

回想~京都~1

「京都に行こう!」
神奈川から帰ってきた馬鹿Aが言った。

それを聞いた私は、時計を見た。
時刻は午後10時頃だった気がする。

「俺は金がないし、めんどいから嫌だ。」と、村人Bが言うと
「金なら俺が出してやるからお前もこいよ」と、馬鹿Aが言った。

「俺は構わない。明日はバイトもないしな。行くか♪」
私はノリノリで言う。
こんな感じ↓
      (゜∇ ゜)
「めんどうだ!嫌だ!」
村人Bはそれでも拒む。
「じゃあお前は来なくていいよ。帰れば?」
馬鹿Aは冷たい。

馬鹿Aと村人Bはよく遊ぶ。彼ら二人はドタキャンが多く、それで喧嘩することもある。
特に馬鹿Aはかなり時間にルーズで人によく甘えている。
私自身は、彼のことをクズだと思っているが、それでも遊ぶことはある。

その後、村人Bは馬鹿Aの発言にむかついたのか帰った。

「行くのは良いが、もう一人運転できる奴が欲しいな。」
馬鹿Aは車の免許を持っているが、免許を取った後は運転をしたことがない。
「馬鹿Cを呼ぼう!」
馬鹿Aは言った。
馬鹿Cは、かなり熱い男だった。
高校時代に、急に富士山がみたいと思い自転車で三重から静岡に行くほどに…
探さないでください
この置手紙を残して。

馬鹿Aは、そんな熱い男馬鹿Cだから来ると考えたのだろう。

私は、馬鹿Cに電話をした。
「もしもし?今から京都に行こうか。」
「……」
「あれ?」
「京都に行くのはいいけど、今からはちょっと…」
馬鹿Aに電話を渡すと
「今行かないならいつ行くのさ!!?今行こう!すぐ行こう!come on!」
「流石に、急すぎる!明日バイトあるし。明後日ならいいよ。」
私は馬鹿Aから電話を受け取ると
「おっけー。明後日ならバイト終わった後の午後9時過ぎなら大丈夫!その次の日はバイトないし。」
「わかった。じゃあ、明後日ね。おやすみ。」

「流石に急は無理か…」
私はすこしテンションを下げて言う。
「そりゃあねぇ。ということで、どこ行くか調べよう!」
馬鹿Aは頭がおかしいくらいテンションを上げて言う。
「どこに行くのさ?」
「京アニは、ハズセナイヨネ!絶対に。」

そうして、私と馬鹿Aは朝まで話しながら飲んだ。


今回はここまで!
これは、去年の夏に京都に行ったときの話です。かなり前だから、あんまり覚えてないけど
大体こんな流れだったはず!
(* ̄¬ ̄)

テーマ:( ゚∀゚)ヒャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ - ジャンル:日記

  1. 2008/03/08(土) 01:01:55|
  2. 戯言ぱらだいす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<LOVEうさぎ | ホーム | >>

コメント

つづきが

DOKIDOKI
  1. URL |
  2. 2008/03/09(日) 01:34:13 |
  3. プ #-
  4. [ 編集]

ニヤ

つづきはすこしめんどいっぽいYO
  1. URL |
  2. 2008/03/10(月) 04:49:21 |
  3. ま #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dmaruo.blog88.fc2.com/tb.php/78-c2992874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

まるお

Author:まるお
昔、縦の成長期があった。
今、横の成長期である。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。